2010.09.23

映画試写「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」レビュー

Yoisame1Yoisame2


試写にいってきました〜

最近、やらたと拝見する機会が多い、西原恵里子さん関連の映画です。
いやー、ほんと西原さんって紆余曲折で大変だな〜って思います。
でも、ここまでくると、尊敬の念すら覚えてしまうのも確か!(笑)

ということで、レビュー!


「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」

人気漫画家・西原理恵子の元夫で戦場カメラマンの鴨志田穣が、自身のアルコール依存症の経験をつづった自伝的小説の映画化。西原恵里子といえば破天荒な人生で有名ですが、彼女の人生で言えば、この作品は最近放送されていたTVドラマ「崖っぷちのエリー」の続きといってもいいかもしれないですね。

戦場カメラマンとして世界中を駆け回ってきた塚原安行(浅野忠信)は、人気漫画家の園田由紀(永作博美)と結婚し子どもにも恵まれるが、彼のアルコール依存症が原因で離婚。やがてアルコール病棟へ入院した安行は、そこで出会った 人々との触れ合いに不思議な安堵感を覚える。家族の深い愛情に支えられ、体力も心も回復に向かっているかに見えた安行だったが、その体にはもうひとつの大きな病気をかかえていた……。

子供にも優しいし、奥さんにも優しいし、素直で穏やか。でも酔っぱらうと威嚇的で暴力的。まさに、お酒さえ飲まなきゃイイ人なんだけどね〜という典型的な男!お酒は本当にダメだな〜って感じちゃいます。母であり妻であることの強さと弱さを見事に表現した永作博美、すごくかっこ良かったです。そんな彼女の印象的なセリフ「悲しいと嬉しいの区別がつかない。」なんだかすごく共感してしまいました。どんな感情であれ、”心が一杯に満たされている”という心の誤解から生まれる矛盾なのかもしれないですね。自分の弱さと向き合い依存症を克服し、信頼の絆で結ばれた家族のもとへ帰る。結婚してようが、離婚してようが、本当の意味での”家族”がどんなものかを教えてくれる、そんな映画でした。

2010/118分/監督・脚本・編集:東陽一/キャスト:浅野忠信、永作博美ほか/原作:鴨志田穣「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(スターツ出版刊)/主題歌:忌野清志郎「誇り高く生きよう」/配給:ビターズ・エンド/シグロ

www.yoisame.jp

12月上旬、シネスイッチ銀座、テアトル新宿ほか全国ロードショー

(C)2010シグロ/バップ/ビターズ・エンド

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.22

映画試写「君が踊る、夏」レビュー

Kimigaodorunatsu1Kimigaodorunatsu2

またまたまた、ちょっと前になりますが(笑)
現在公開中の映画「君が踊る、夏」の試写にいってきました!
(ここ何ヶ月かの間に行った映画の感想をちょいちょい掲載していきます)

高知のお祭り、「よさこい」を軸に物語が展開していくのですが
私、ちょうど、よさこいチームの音源製作をしているので
なかなかのリアリティーをもって映画をみることができました。

というわけで、レビュー!


「君が踊る、夏」

よさこいって知ってますか?高知発祥のお祭りで、鳴子を持って踊るんです。私は3年前からよさこいの音源製作をしているのでなんだか親近感が湧いちゃいました。この映画は、よさこいへの情熱やダイナミックな踊りにも魅せられる作品です。
プロカメラマンを夢見て上京した新平(溝端淳平)は、母の入院をきっかけに5年振りに帰郷。母の入院先で、新平は元恋人の香織(木南晴夏)の妹であり「一緒によさこい踊ろうな」と約束していた少女・さくら(大森絢音)に出逢う。さくらは「発病して5年以上生きた子はいない」という難病を患い、今年が最後の夏と言われていた。さくらは「最後の夏になってもいい!」と新平たちがいたチーム「いちむじん」で踊りたいと懇願する。妹の願いを叶えるべく、香織と新平はいちむじんを再結成して踊ることを決めた。カメラマンを諦めかけていた新平の元にプロの登竜門である賞を受賞したとの連絡がある。授賞式は祭りの日。新平は自分の夢とさくらとの約束のどちらを選ぶのか…。

自分の大切なものを天秤にはかけたくないけど、どちらかを選ばなくてはいけない岐路ってありますよね。その時に選んだ選択肢によって人生は大きく変わる。夢を叶えてどんな人になりたいのか。それとも人の為に何ができるのか。きれいごとで片づくなら簡単なことなんだけどね。選んだ道に後悔しないのはとても難しいです。価値観は人それぞれだけど、純平の勇気のある選択にこそ、忘れかけている大切な何かが秘められているような気がします。

2009/123分/監督:香月秀之/脚本:香月秀之、松尾朝子/キャスト:溝端淳平、木南晴夏、五十嵐隼士、大森絢音ほか/配給:東映

www.kimi-natsu.com

9月11日(土)、全国東映系にてロードショー

© 2010「君が踊る、夏」製作委員会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.19

映画試写「オカンの嫁入り」レビュー

Okannoyomeiri1Okannoyomeiru2


またまたちょっと前になりますが(笑)
現在公開中の映画「オカンの嫁入り」の試写にいってきました!
(ここ何ヶ月かの間に行った映画の感想をちょいちょい掲載していきます)

さて、この映画のすごいところは
主演の宮﨑あおいと大竹しのぶ、この二人の掛け合いのシーンがやたらに多いのですが
これがまた見事すぎて”圧巻”ってとこ。
改めて、女優の力って凄いなって思わされる映画でした。


というわけで、レビュー!

「オカンの嫁入り」

大竹しのぶ&宮崎あおい初共演。今や日本を代表する大女優のやり取りに大注目。出演者が少なく、圧倒的な演技力で魅せられてしまう映画です!
ストーリー:母ひとり子ひとりで、仲良く支え合って暮らしてきた陽子(大竹しのぶ)と月子(宮崎あおい)。月子はある出来事がきっかけで会社に行けなくなってしまい、社会とは距離を置いた生活をすでに1年も過ごしていた。そんなある日、洋子は夜中の3時に酔って帰ってくる。「月ちゃん、おーみーやーげー」と金髪の若い男(研二・桐谷健太)を連れて帰り、この男と結婚することを宣言する。突然の展開に戸惑い、裏切られた思いで月子は心を閉ざすが…。
「ぶつかり合って、分かり合って、生きていく。母と娘は、どうしてこんなに素直になれないのだろう。」というキャッチコピー。まさにそこを追求してあります。この「ぶつかり合って」や「素直になれない」を通して、人の生き方、生きる姿が丁寧に描かれていました。さらに言えば、みんな不器用。そう!器用な人なんていないんですよね。セリフではなく空気で感じさせる演技などが多かったのも印象的でした。日常に生きてると、言葉にしてる方が少なくて、空気や表情で表現してる方が多いものですよね。映画というよりはちゃんとその家庭を垣間みているような気がしました。ということは、やっぱり名優さんたちの演技力の賜物。映画の中でずっと気にかかる桐谷の衣装。なぜか超ダサイんです!訳を知った時、かなり笑えますよ!

2010/110分/監督・脚本:呉美保/キャスト/宮崎あおい、大竹しのぶ、桐谷健太、絵沢萌子、國村隼ほか/原作:咲乃月音「さくら色〜オカンの嫁入り」(宝島社文庫)/配給:角川映画
okannoyomeiri.jp

9月4日(土)、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

©2010「オカンの嫁入り」製作委員会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.18

映画試写「東京島」レビュー

TokyojimaTokyojima2


かなり前になりますが(笑)
映画「東京島」の試写にいってきました!
ここ何ヶ月かの間に行った映画の感想をちょいちょい掲載していきます

私の好きな女優の1人、木村多江さんって、未亡人やら不幸そうな女とかの幸薄系の役柄が多いのですが
この東京島では、そんなイメージを完全に脱却しててなかなかカッコよかったです!
ちなみに、この映画に出演されている窪塚洋介さんのインタビューにも行ってきました。
このお話はまた後日!

というわけで、レビュー!

「東京島」

桐野夏生のベストセラー小説「東京島」を木村多江主演で映画化。
無人島に漂着した23人の若い男たち。女性は清子(木村多江)1人。いつまで待っても助けの船は来ず、いつしか皆は島を“東京島”と呼ぶようになる。輝くような若き男たちの中、たったひとりの女性として特別扱いを受ける清子。しかし月日は流れ、島に安住しようとするだけの男たちに苛立つ清子は、脱出のための行動を開始する——。

蛇を捕まえて、一気に皮を剥ぐ!って木村多恵のキャラじゃないよ!でも、だからこそ、清子は現代人を象徴的に見せられたのかもしれないですね。生きるためには何でもできる動物的な行動って想像つかないです。女は本能で生きようとして、男は秩序を作ろうとする。まさに現代の縮図って感じがします。「島で一番いらないものは役にたたない隆(旦那)」とか「何がハッピーエンドかは、自分で決めるわ」という清子のセリフ。なんだかカッコイイ。島で女1人=女の特権を使いまくる=女王みたいな勘違いとかも人間臭くて好きでしたね。完全に清子を中心で観てしまいましたが、男の立場だったら、女は役に立たないとか秩序を乱すってのも解る気がする(笑)。人間の根底みたいな部分がたくさん感じられて、自分が無人島にいた訳じゃないのにいろんな部分に共感できたことがビックリです!無人島の象徴的な旗がエルメスってのにもビックリ。無人島ではブランド品に何の価値もないのに「東京島×エルメス」という日本初のエルメスコラボという偉業。この映画、いろんな意味で恐れ入りました。


2010/129分/監督:篠崎誠/脚本:相沢友子/キャスト/木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、木村了、染谷将太ほか/原作:桐野夏生「東京島」(新潮社刊)/配給:ギャガ

8月28日(土)、全国ロードショー

tokyo-jima.gaga.ne.jp

©2010「東京島」フィルムパートナーズ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.07.02

映画「patti smith:dream of life」試写観戦!

Patti

パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフの映画試写に行ってきました!

女性パンク・ロッカー、パティ・スミスのドキュメンタリー映画。
彼女に惚れ込んだ監督が11年間も密着取材をし、完成出来るのかも分からぬまま1000万円以上の借金をしてでも完成させたかった映画だそうです。

本編のナレーションはパティ本人。
冒頭で簡単な年表を朗読。
その後は、自宅での弾き語り、亡き夫や息子に友人達との談笑、実家に里帰り、そしてライブといった貴重な撮りおろし映像が満載です。

映画を見終わって思ったのは「私の想像とは違う!」でした。
決して良い部屋とは言えない部屋の土足の床には物が無尽蔵に散らかり、壁にはアートを描く。
そして、ミュージシャンというよりは詩人であったこと。
アレン・ギンズバーグやアルチュール・ランボーといった詩人達の詩をポエトリー・リーディングするシーンがたくさんありました。
哲学的&政治的な彼女をたくさん知りました。

が、しかし、私の想像通りだったシーンもあります。

それは憧れの詩人のお墓参りに行って、お墓によじ登ってたところ。
これを見てやっとパンクに辿り着きました。(笑)

パティのカリスマ性、それはもちろん歌っている姿なんだけど、それより何より、自分の想いを言葉にでき、それを伝えられるってところだと思えました。
映像にはレッチリのフリー、R.E.M.のマイケル・スタイプ、レディオヘッドのトム・ヨーク、U2のボノ、ボブ・ディランなど錚々たるミュージシャンがサラっと登場。
パティってどんだけすごいんだって感じです!
そんな彼女は現在62歳。
今年のフジロックに出演決定という、生涯現役ってのがまたカッコよすぎです!

「patti smith:dream of life」

2008年/アメリカ/109分/
監督:スティーヴン・セブリング/
キャスト:パティ・スミス、ジェイ・ティー・ドハーティー、フリー、フィリップ・グラス他/
配給:トランスフォーマー
http://pattismith-movie.com/
○8月29日、シアターN渋谷、シネマート新宿ほか全国ロードショー

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.07.01

映画「女の子ものがたり」試写観戦!

Onnanoko1Onnanoko2











「女の子ものがたり」の映画試写に行ってきました〜!

西原理恵子の自叙伝的漫画「女の子ものがたり」の映画化。
タイトルを聞くとちょっときゃぴっとしてるのかなって思うところなんですが、そうではないのです。
36歳の漫画家の菜都美(深津絵里)は、スランプから抜け出せないダメ作家。
そんな菜都美が、新米編集者の財前(福士誠治)に「先生、友達いないでしょ?」と言われた一言をきっかけに子供時代の親友を思い出す。
故郷に帰り、夢に向かって頑張り始めた頃の自分を思い出し、前向きな気持ちを取り戻していく姿を描いた作品です。

見終わった時、率直に、親友っていいな〜と思いました。
子供の頃って友達と過ごす中で大人になっていったような気がしますしね。
幼少、高校生時代のシーンで、「どこかに、私のことを全部好きな人がいますように」とか「大人になったら幸せになれない」とか、何故か心を掴まれる言葉がたくさん出てきました。

それはきっと私も当時、この子たちと同じようなことを感じていたからかもしれません。

その中でも私の心に一番引っかかったのは「地方における幸せ」という定義。
故郷を出ず、早く結婚して子供を授かり、旦那の暴力があっても耐え、文句を言いながらも暮らす。
これが幸せな生き方の定義。
だけど菜都美は絵が上手だったので「おまえはなんか違う」と親友や父に言われます。
自分たちとは持ってる才能が違うという、いい意味でね。
親友はこの地方で暮らす幸せの定義を受け入れながらも、本当は菜都美が羨ましかった。
だけど自分とは違う才能のある菜都美には、ここに留まらず夢を叶えて欲しかったのかもしれませんね。
親友を思う気持ち、素晴らしかったです。


「女の子ものがたり」

2009年/110分/
脚本・監督:森岡利行/
キャスト:深津絵里・大後寿々花・福士誠治・風吹ジュン・板尾創路他/
原作:西原理恵子「女の子ものがたり」(小学館)/
配給:トランスフォーマー
onnanoko-story.jp
○8月下旬、シアターN渋谷、シネマート新宿ほか全国ロードショー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.01

演劇「メカロックオペラ R2C2」観戦!

R2c2







見てきました!

舞台は、近未来の渋谷を舞台に、父と息子の確執やサイボーグと人間の友情などを歌や踊りで描く“メカロックオペラ”。伝説のロックバンドのボーカリスト役を阿部サダヲが、その息子役を森山未來が、「R2C2」と名乗るサイボーグ役を松田龍平が演じる。


いや〜、本当に面白かった!
見て良かった!と、マジでこの言葉につきます。

脚本も演出も役者さんもすべてがうまくハマってて最高でした。
松田龍平のロボット役、面白かったなぁ
森山未來って才能溢れる人なんだと、これを見て改めて感じました。
ドラマじゃ、そんなに伝わってこなかったんだけどね。
本当にびっくり!

芝居が始まってすぐに生バンドが登場してライブをはじめるんだけど、そこに「ん?なんだこの音は?」と思って目を凝らすと、バンドメンバーが全員役者さんではないですか。この音にも納得!
役者さんって何でもできるんですね〜。
そこにも拍手でした。

面白すぎてあっという間の2時間半。
こんなに短く感じたのって久し振りかも!

本当に、見に行ってよかった〜

大人計画
大パルコ人
『メカロックオペラR2C2
〜サイボーグなのでバンド辞めます!〜』

会場/PARCO劇場
作・演出/宮藤官九郎
音楽/富澤タク
出演
阿部サダヲ 森山未來 三宅弘城 皆川猿時
近藤公園 平岩紙 宮藤官九郎
片桐はいり 松田龍平

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.05.21

演劇「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」観戦

Gakuyaシス・カンパニー公演「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」を見てきました!

 "舞台"に囚われた4人の女優たち。スポットライトの当たらぬ「楽屋」で、今日も彼女たちは演じ続ける......。女優という"生き物"の凄まじい業を、辛辣かつ滑稽に、そして、愛しさと哀切に満ちた眼差しで描いた作品で、小泉今日子・蒼井優・村岡希美・渡辺えりの4人芝居。

 「楽屋」は、'77年に発表された4人の女優たちを主人公にした作品で、小劇場的な親密な空気を漂わせていますが、4人の女優たちの舞台裏での生々しい応酬やモノローグで全編を貫かれた、魅力あふれる人間たちの物語なのです。

 あまり幸せではないキャリアにしがみつく女優二人に、小泉今日子と渡辺えり。40歳を過ぎて「かもめ」の主役ニーナにしがみつく主演女優に、村岡希美。そして、主演女優の元プロンプターに、蒼井優。そして、演出には、近年、舞台演出にも情熱を傾けている生瀬勝久。


いい芝居でした!
会場は200人ぐらいしか入らな小さな劇場なので臨場感満載!

演劇に携わる人間たちはよく、『楽屋には何かが棲んでいる』と口にするそうです。
そして、『世の中には、男と女以外に、女優という生き物が存在するのだ』と頷き合ったりもするそうです。
そんな演劇人の裏話的なモチーフが、この作品では、<表舞台=ステージ>と<舞台裏=楽屋>、
<主演女優>と<プロンプター>、<芝居のセリフ=虚構の世界>と<現実の言葉>、
そして、<生者>と<死者>という二項対比の構造に巧みに生かされ、女優という生き物がもつ凄まじいまでの業。
女たちの微細な心の動き、縫い合わせても血が滲み出るような心の傷口をも浮き彫りにしてありました。

演者の4人はさすがの演技力で、
よくぞ、集まってくれたなって感じです。
そして、配役も見事にハマってます。

さすがにそれだけでも見ごたえ、迫力、ありますよ!
蒼井優ちゃんの不思議感もよかったです!

そして見やすい1時間半という長さ。

本当に見に行ってよかった~!

まだまだ公演中なので、お時間がある人は見に行くことをオススメしますね!


『楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~』

場所 東京・シアタートラム

公演期間
2009年05月10日(日)~2009年06月14日(日)

[作] 清水邦夫
[演出] 生瀬勝久

[出演] 小泉今日子/蒼井優/村岡希美/渡辺えり

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2009.05.18

映画「ウォレスとグルミット~ベーカリー街の悪夢」試写観戦

Wg1Wg2映画「ウォレスとグルミット」見てきました~!

クレイアニメの人気監督ニック・パークが生み出し、世界中に熱狂的なファンを持つ『ウォレスとグルミット』シリーズ最新作。パン屋を開業したおとぼけ発明家ウォレスと忠実な愛犬グルミットが、連続殺人事件に巻き込まれてしまうサスペンス・コメディー。スリリングな展開に巧みな演出、細部への徹底したこだわりは今回も健在で、2008年末にテレビ放映されたイギリスでは58パーセントという驚異的な視聴率を記録した。シリーズ史上初めて描かれるグルミットの恋の行方にも注目。

ストーリー
パン屋「トップ・バン」を始めたウォレスとグルミット。ふっくら焼けた美味しそうなパンを配達してまわります。でもよく見ると、働いているのは、やっぱりグルミットばかり?!ウォレスは、街で出会ったかつてのCM女優パイエラ・ベークウェルに恋をして、仕事に熱が入らない様子です。おまけに、街で起こっている「パン屋さん連続殺人事件」の犯人にウォレスが狙われていることを知ったグルミットは、あの手この手で主人を救おうとします。それでも能天気なウォレスはまったく気づいてくれません。はたして、グルミットはウォレスを救うことができるのでしょうか?

映画は

「チーズ・ホリデー」1989年
「ペンギンに気をつけろ!」1993年
「危機一髪!」1995年
「ベーカリー街の悪夢」2008年

の4本立てで上映されます!

私が見たのは最新作の「ベーカリー街の悪夢」
イギリスでは視聴率58%を記録した大人気クレイアニメです!
私は昔からウォレスとグルミットが大好きだったから
最新作は嬉しい限りですね!

本当、緻密なクレイアニメに感動ですよ!

パロディー要素も満載で、若干、ブラックなオチもありつつ
終始楽しめるのがいいところ。
新しいキャラクターも登場してます!
初めて見る人、グルミットが欲しくなること間違いなしです!(笑)

映画は旧作もまとめて見れるのでお得感あり!

何にも考えずに気軽に楽しめる作品です。
夏休みに家族でどうぞ!

「ウォレスとグルミット」

2009年7月18日、全国ロードショー

スタッフ
監督・脚本: ニック・パーク
脚本: ボブ・ベイカー
音楽: ジュリアン・ノット キャスト

(声の出演)
ピーター・サリス
(日本語版、声の出演)
津川雅彦
森公美子

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.16

映画「ウィッチマウンテン~地図から消された山」試写観戦

Ufo

ディズニーの新作映画「ウィッチマウンテン」を見てきました!

未だ解明されることのない宇宙にまつわる数々の謎“ロズウェル”“エリア51”…。そしてもう一つ、アメリカ合衆国には、決して語ってはならない禁断の場所がある。それは、国家最高機密として地図から消された山“ウィッチマウンテン”。不思議な力を秘めた一組の兄妹が、この禁断の山を目指して動きだした。それはどこにあるのか?そこには何が隠されているのか?そして、まだ若すぎる彼ら二人に課せられたミッションとは?ただ一つだけわかっているのは、合衆国政府の特殊機関がどんな手段を使ってでも、二人がウィッチマウンテンにたどり着くことを阻止しようとしていること。さらに、未知なる暗殺者が彼らを追跡する。命を賭けた戦いの果てに待つ、恐るべき宇宙の謎とは…。
禁断の山“ウィッチマウンテン”に秘められた宇宙の謎をめぐる、驚異のSFミステリー。超能力を持つティーンネイジャーの兄妹役に、『光の六つのしるし』のアレクサンダー・ルドウィグと、『テラビシアにかける橋』『チャーリーとチョコレート工場』で人気急上昇中のアナソフィア・ロブ。二人を助けることになるタクシー運転手ジャック役を『ゲット スマート』のドウェイン・ジョンソンが演じている。

この作品、オープニングがカッコいいんです!
映画を観終わった後、もう一回見たかったもん!

題材からしてディズニー映画ってのが意外。
最近、宇宙人モノが多いんだけど、最近見た中ではこれが一番面白かったかもです!
結構、アクションシーンも多いので、ハラハラ感も味わえます!
ファミリーで見れる映画ですね!

宇宙人から地球への警告。

地球人というものの理解。

ウルトラマンセブンのメトロン星人の時の最後のナレーション。

人間はもっと考えなくてはいけないってことなんでしょうね。

宇宙人ってやっぱり存在するのかな?(笑)


「ウィッチマウンテン/地図から消された山」

2009/07/04 (土) より全国ロードショー

監督 アンディ・フィックマン
出演 ドウェイン・ジョンソン/アナソフィア・ロブ/アレクサンダー・ルドウィグ


| | Comments (0) | TrackBack (0)