« 劇団新感線 『蜉蝣峠』 観戦 | Main | 映画試写「ビバリーヒルズチワワ」観戦! »

2009.03.19

映画試写「アルマズ・プロジェクト」観戦!

Almaz約10年前となる1998年11月、ロシアが闇に葬ったとされる宇宙計画“アルマズ・プロジャクト”の真相に迫った、映画「アルマズ・プロジェクト」が世界に先駆け今年初夏、日本で全国公開されます。

 “アルマズ・プロジェクト”とは、1970年初頭~1980年代後半まで当時のソビエト連邦が軍事目的で打ち上げたとされている宇宙ステーション、アルマズ号計画のことを指します。

 当時あらゆる手段を使って情報を集めても、アルマズ号の打ち上げた事実を述べる程度のものしか公開されておらず、謎多きアルマズ号には当初から様々な噂が存在していた。だがロシア(当時のソビエト連邦)の情報筋はその全てを否認していた。
脱出不可能な閉鎖された空間で、正気を失っていく乗組員たち。彼らに何が起こり、宇宙船はなぜ管制との交信を絶ったのか。そしてロシアがこの計画を隠し続けた理由とはなんだったのか。


久々に疑問ともやもや感が残る作品でした。
実際の宣伝文句と映像の差、現在の宇宙ステーションの知識があれば疑問が出てくるところもチラホラあります。
それを一切無視して見たとしても、映画の最後の投げかけはどう受け止めればよいものか。
私はNASAとか宇宙関係のことが好きだからこそ、そう思ったのかもしれないけどね。

良かったところをあげるとするならば、地球の青さと宇宙空間の偉大さを感じる映像かな!
あと、宇宙に関する知識がちょっぴりUPするところでしょうか。
宇宙ゴミの問題とかもね!

宇宙に興味がある人と無い人が見るのでは見解が違ってくる作品かもしれませんが
それも含めて、見た後にみんなで感想発表会をすると面白い答えが出てくるかもしれない
そんな映画でした〜。

 「アルマズ・プロジェクト」は、2009年初夏、バルト9ほか全国ロードショー。

|

« 劇団新感線 『蜉蝣峠』 観戦 | Main | 映画試写「ビバリーヒルズチワワ」観戦! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画試写「アルマズ・プロジェクト」観戦!:

« 劇団新感線 『蜉蝣峠』 観戦 | Main | 映画試写「ビバリーヒルズチワワ」観戦! »