« TOKYO GAME SHOW 2008 ② | Main | ディスプレイ »

2008.10.13

試写「センター・オブ・ジ・アース 3D」

Earth1











2008年10月25日公開のアメリカ映画「センター・オブ・ジ・アース 3D」を見てきました!
ディズニーランド、東京ディズニーシーのアトラクションとしても有名な、ジュール・ベルヌ原作の「地底探検」を原作とする日本で初めてのフル3D実写映画です。
3Dメガネをかけて見るゆえに、吹き替えで見ることになります。

ストーリーは
研究資金に苦しむ地質学者のトレバー(ブレンダン・フレイザー)は、10年前に失踪した兄マックスが取り付けた地震調査装置の修理を命じられ、マックスの息子ショーンと共にアイスランドに旅立った。
2人はお互いの持っていたマックスの研究手帳の切れ端から、彼が“地底探検”に出発した事を知る。現地スタッフのジョアンを加えてマックスの消えた山脈にたどり着いた彼らを襲う激しい落雷。そして、避難した洞窟が塞がれたその時、突如地底世界への入口が目の前に現れる。果てしない縦穴を経て、たどり着いたのは地下3,200フィート“センター・オブ・ジ・アース”。
地底に拡がる海、巨大キノコ、食人植物、そして恐竜。絶滅したはずの生物に満ち溢れた見たことも無い地底世界に驚愕する3人。
果たして彼らは無事地上へと脱出できるのだろうか!?

映画を見ているというよりはディズニーランドやUFJなどで楽しめるアトラクションを楽しんでいる感じですね。
3Dで見ているのもあって飽きずに見れました。
主人公のみなさんは何度も死んでるであろう出来事が満載で子供っぽさはありますが、何はともあれ迫力満点!
正面から飛んでくる物に対してかなりビビりました(笑)

これはやっぱり映画館で楽しむべし!

Earth2_2

|

« TOKYO GAME SHOW 2008 ② | Main | ディスプレイ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 試写「センター・オブ・ジ・アース 3D」:

« TOKYO GAME SHOW 2008 ② | Main | ディスプレイ »